読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KLC初診

D14 体温図らず

 

1年半ほど病院(近所の不妊治療専門ではないレディースクリニック)に通っていましたが

精神的に大分疲れてきたので、体外受精も視野に入れて、今日は思いきってKLCに初診にいってきました。(事前にwebでの予約が必要です)

 

初めてのKLC、最後の砦といわれるKLC。。

まだ早いのでは?と思う気持ちも大きいが、

赤ちゃんに少しでも早く出会いたくて、勇気を出して主人と行ってきました。

初診、最近は予約取りやすいようです。

 

予約は15時。14時50分着。

受付して、本「KLCメソッドで始める不妊治療」をもらい、読みながら待っていました。

 

今日の検査の流れは下記でした!

 

1.尿検査、血圧測定

        尿検査の結果は後日、

        血圧検査は正常範囲でした。

 

2.問診(主人は精液検査)

        今日の担当は院長でした。

        前回の周期で人工授精をしてクロミッドと  

         HCG注射をしたことを話すと、

      「薬の影響があるので1周期待って

         体外受精やりましょう」とのこと。

        

3.内診

       子宮頸がんの検査、超音波検査でした。

       卵胞が10.5mmで「まだまだですね」「一応ホルモン検査で数値見てみましょう」とのこと。

 

4.血液検査

       ホルモン検査、B型肝炎C型肝炎HIV抗体、RPR定性、TP抗体定性、風疹ウイルス、クラミジアの検査しました。ほとんど前の病院で検査済みでしたが、1年以上経過しているので改めて検査しました。

 

「KLCは採血下手だよー」と知り合いから聞いてましたが、担当してくださった看護師は上手でした! 5本分取られたので長かった。。痛みも腫れも大丈夫でした。

 

5.1時間待ち

   ビデオ(KLCの治療方針や妊娠のメカニズム、治療内容など)見ながら待ってます。

 

6.医者との検査結果共有

    「生理の周期が安定していないので、レトロゾール錠を使いましょう」とのこと。

後、卵管は癒着あるけど通っているようとのこと。

     後、精液は保険として凍結をお願いしました。(採卵当日主人も来るのがベストなようです)

 

7.看護師とのお話

8.お会計

    今後の治療に必要なお金の話。。高い。

 

今日のお会計

   保険適用検査 4,450円

   精子凍結、保存費 19,240円

   初診料、感染症セットなど保険適用外 19,748円

 

   計 43,438円

 

看護師さんや受付の人の対応が酷いとネットで見てたのだけど、普通でした。初診だからでしょうか?

確かに患者に寄り添う感じではなく淡々としているのですが、別にこちらも優しさを求めているのではないので丁度よいかな?と思いました。

 

次は生理3日目に来てとのこと、仕事調整つくかなーー。。(不安)

 

もらった本

 

KLCメソッドで始める不妊治療―心と体にいちばんやさしい不妊治療のすべて

KLCメソッドで始める不妊治療―心と体にいちばんやさしい不妊治療のすべて